献血について

本日、久しぶりに献血ができました!
今年何回か行ったんですが、いろいろ数値的にNGだったため断られていました。
今日も断られるの覚悟の上だったんですが、大丈夫でしたよ。
良かった良かった。
献血は趣味なので、出来ると嬉しいですね。
ちなみに、ぼくは大体400ml抜かれてます。
O型なので、きっと大活躍してくれることでしょう。

冷静に考えると400mlって、けっこうな量ですよね。
350ml缶のグリーンラベルより50mlも多いんですもんね。
あとでちゃんとアルコールで埋めておこうっと。

献血っていい事したな~っていう自己満足があるんですが、個人的にはそれだけじゃないんですよね。
今まで身体に流れていた血が外に出て、キレイな血を作ってると思うと身体がキレイになったような気分になるんです。
気のせいか心までフワ~と軽くなるようです。
むしろ血を抜いてくれてありがとうという感謝さえあります。

さらに献血ルームに行けば、ジュースやお菓子があってマンガまで置いてあります。
ちょっとしたマンガ喫茶みたいなもんです。
まあ、献血ルームではあまりマンガ読まないんですけど。
あんまり読みたくなるようなマンガ置いてないんですよね。
今日もなんか適当にパラパラしただけでした。

前はけっこう読んでたんですけどね。
ちなみにデジラボに置いてあるバジリスクは献血ルームでちょっと読んで面白かったので、続きが読みたくて全巻買ったものです。
その前はテルマエ・ロマエが面白かったです。
テルマエ・ロマエは全巻献血ルームで読みました。
デジラボにも置こうかな、全巻がそんなに長くないのでサクッと読めるからちょうどいいんですよね。
献血ルームでサクッと読めるくらいのマンガはデジラボでもサクッと読めるから参考になるかも。
あと献血ルームに置いてあるマンガは健全なものが多いです(笑)
そこもデジラボと似てるな~。

アロマミストについて

デジラボにアロマミストがきました。
香ってます。
これでさらに優雅に仕事ができますね。
秋冬は乾燥するし一石二鳥です。
7色に光るイルミネーション的楽しさもあるので、ぜひ気がついたら見とれてみてください。
3時間利用でも1日利用でもフルに眺めていってください。
毎日いろいろな香りを変えているようです。
嗅ぐだけでも楽しめますね。
仕事に集中できる香りやリラックスできる香りや閃きがビビビと来るような香りが漂っているかもしれませんよ。
嗅いで見て楽しめて、なおかつ仕事もはかどっちゃったら最高ですね。
いまのところ、場所が定まっていない感じなので見つけたらラッキーです。
受付カウンターに置いてあったり、入り口すぐの棚に置いてあったり、あんなところやこんなところにある可能性も。
嗅いでみたら、ぜひスタッフに香りの感想を伝えてみてください。
いい匂いとか素敵な匂いとか個人的に好きな匂いとか、落ち着く匂いだねとか。
臭いねって感じたら、それも隠さず教えて下さい。
でもそれはきっとアロマミストのせいじゃないと思うんです。
何か他のアレの匂いだと思います。
でもそれはそれでスタッフに伝えてくれると掃除とかしてキレイキレイできるので教えて下さい。
というわけでどちらにしろ声をかけてください。
よくあるでしょう映画とかで。
女性と夜景を見ながらのシーン。
「キレイな光ね」
「君のほうがキレイだよ」的な。
あんな感じでお願いします。
「このアロマいい匂いだね」
「本当ですか。ありがとうございます」
「でも君のほうがいい匂いだよ」的な。
鼻をくんくんしながらだとより良いです。
さらに付け加えると。
「このアロマ臭くない」
「本当ですか。教えてくれてありがとうございます」
「でも君のほうがいい匂いだよ」
そういうのもアリだと思います。

課金について

皆さんご存知のように、ぼくはゲームがけっこう好きです。
子供の時のファミコンから始まり、いろいろやってきました。
ドラクエかFFかで言えば、ドラクエ派です。
ポケモンはパールのときに図鑑をコンプリートして卒業しました。
いまはスマホゲームとパソコンのオンラインゲームに少々ハマっております。
ちょっと前までの比重で言うと、パソコンとスマホで半々くらいだったのですが、最近スマホに割合が傾きつつあるのです。

いくつか理由があるのですが、やはり原点は競い合うことが面白いかどうかによります。
パソコンでやっているオンラインのゲームというのが三国志のシュミレーションゲームで、つい最近まで戦争があったんです。
全国にちらばる猛者たちが多人数で同時に戦いあうのです。
ハッキリ言って寝不足になるぐらい面白かったです。
しかし、その戦争が終結してしまったのです。
一応ぼくが所属する同盟が勝利を収めたのですが、正直勝ったことは全然嬉しくないのです。
戦争が終わって、1分1秒単位で戦っていたあのヒリヒリする緊張感が無くなってしまった喪失感の方が大きすぎるのです。
そういうわけで、パソコンの方が一気にやる気が無くなってしまい、スマホに傾いてるというわけです。
多少課金もしてたんですが、戦争中は全然惜しくなかったです。
勝つために必死だったし、仲間に迷惑かけたくなかったし、同盟のために貢献したかったので。
それが勝った途端に、ゲームがつまらなくなるなんて不思議なもんです。
しばらく三国志はダラダラやったりやらなかったりログインメインでやることにします。

スマホでやっているゲームに傾きつつあると言いましたが、今流行のポケモンGOじゃないんですよ。
ポケモンは卒業しているし、充電やパケットをめちゃくちゃ使いそうだし、今のところ様子見状態です。
周りにめっちゃ勧められるというわけでもないので、死ぬほど勧めてくる人がいたら考えます。

デジラボのイベントでもちょいちょい名前があがる「モンスト」にかなりハマっています。
やり始めた当初ピンボールみたいなゲームだなくらいにしか思っておらず、その面白さも全然理解していませんでした。
しかし、人に勧められ、どんどんゲームを理解してくると、これが奥深くて面白いのです。
シンプルな動き、魅力的なキャラクター、練りこまれたクエスト、その他ミッションやイベントで大いに楽しませてくれるのです。
YOUTUBEでも攻略動画やガチャを引くだけの動画を見たりして、ニヤニヤしています。
かなり重度です。
そして、ぼくは今からモンストに課金します。
課金額は聞かないでください。
欲しいキャラがいるんです。
そのキャラをガチャで引きたいのです。

ちなみにぼくが欲しいのはおっさんのキャラです。
おっさんはどの時代でも最高です。
可愛い女性キャラの方が能力値とか強くても良いんです。
必殺技とか使い勝手とか、女子のが強くてもおっさんは頑張るんです。
これはおっさんと女子が戦うゲームなのです。

まるで現実の構図のようなゲームです。
ゴッストさん、マジ来て。